肌のうるおいを保ったまま洗顔する ただ肌の汚れを除去するのではなく、肌のうるおいを残したまま、ニキ...

ニキビ跡の悩みを解消するスキンケアのポイント

肌のうるおいを保ったまま洗顔する

ただ肌の汚れを除去するのではなく、肌のうるおいを残したまま、ニキビの原因となる毛穴の汚れや古い角質を除去するよう洗顔します。
界面活性剤入りの脱脂力の強い洗顔料を使用してしまうと、肌の汚れだけでなく、必要なうるおいまで奪ってしまうことで乾燥肌を招き、結果、ニキビができやすい肌環境を作りだしてしまいます。

ただ保湿するのではなく、肌表面から水分が蒸発しないよう保湿する

化粧水で保湿したつもりでも、使っている化粧水によっては、肌の表面から水分が蒸発する時に、肌の中に保たれていた水分まで一緒に蒸発させてしまい、かえってニキビができやすい乾燥肌を招くことがあります。
角層へ補給した水分の蒸発を防ぐよう肌を保湿する必要があります。

ニキビの炎症の進行を防ぎニキビ跡ができないようケアする

一度できてしまったニキビについて、炎症の進行を防がないと、さらなるニキビ跡が発生してしまいます。
ニキビの炎症の進行を防ぐ成分を含む化粧品でケアすれば、ニキビ跡の発生を止めることができます。